SU MISURAの道のり~
ファブリックから完成品まで

初めてのフィッティング
E
rmenegildo Zegnaの担当テーラーが、ご自宅、お勤め先、ストアなどご都合の良い場所に伺い、ファブリックやスタイルのオプションをすべてご紹介し、具体的にどのような服をお選びになるかをサポートします。採寸後、テーラーが北イタリアの本社にオーダーを送付し、スーツのファブリックが調達されます。

作業中のZegnaのテーラー
パターンのカット

お選びになったファブリックが、北イタリアのトリヴェロにあるLanificio Zegnaウール紡績工場から、ゼニアのパターンカッターに配達されました。今日、あなたの服のためにファブリックをカットします。カッティングが終わると、何枚ものファブリックのピース(通常のジャケットは合計100ピースにもなります)にお客様の具体的なオーダーのディテールをタグ付けし、次の工程のエキスパートに送ります。道のりが始まりました。

ステッチング

服を形作ります。各ピースを専門のテーラーが手がけ、服を縫い合わせ始めます。細心の注意を払い、丹念に手縫いで仕上げていきます。

ステッチング | Zegna Su Misura
More Less
ゼニアでは服の多くの部分を手縫いで仕上げています。例えば、Ermenegildo Zegnaのメイド トゥ メジャーのジャケットは、袖と身頃を手縫いで合わせます。手縫いで行うことが、縫い目の正しい張りを確認できる唯一の方法なのです。」
image/svg+xml
プレス

次に、重要なプレス工程です。1着のジャケットに、約30工程ものプレス作業を行います。この工程によって、一生もののしっかりとした構造が築かれるのです。

最終検査

Su Misuraのアイテムは、テーラーリングの全工程に細心の注意を払い、丹念に行いますが、ネームラベルを縫い付ける前の最終検査ではとりわけ厳しくチェックされます。あともう少しで、腕を通していただけるようになります。

最終検査 | Zegna Su Misura
More Less
「アイテムを仕上げていく過程で、何度となく様々なテストを行いますが、ネームラベルを縫い付ける前に行う最終検査ほど厳しいものはありません。」
image/svg+xml
パーソナルラベル

これで服が完成し、次に仕上げの段階となります。ここではテーラーが、お客様のお名前の入ったSu Misuraラベルを縫い付けます。Su Misuraラベルは、Ermenegildo Zegnaメイド トゥ メジャーの証しであり、お客様独自の他にはないワードローブを丹念に造り上げたことを示すものです。

カスタマイズしたラベル | Zegna Su Misura
メイド トゥ メジャーはルーズフィットも タイトフィットもありません。まさに、あなたのフィットなのです。 ... さらに読む
image/svg+xml
最終のフィッティング

最初のフィッティングからわずか3週間で、メイド トゥ メジャーの服はほとんど完成となります。最終のフィッティングでは、ご要望に合わせて微調整を行い、思った通りの1着に仕上げていきます。

メイド トゥ メジャーサービス:予約|Zegna Su Misura
メイド トゥ メジャー体験を始めましょう
予約をする

ご都合に合わせて、お好きな場所で

メイド トゥ メジャー体験を始めましょう
予約をする

ご都合に合わせて、お好きな場所で

検索

検索結果なし
他のキーワードを使って再度お試しくさい。
{% if visitorId == 'anonymous' %} {% endif %} {% if visitorId != 'anonymous' %}

マイアカウント

{% endif %}

Zegnaのサービス

 
 
 

カスタマーサービス
 
ご質問・ご要望がありましたら、カスタマーケアチームまでお気軽にお問い合わせください。
 

エキスパートと話す

 
面会を予約する
 
お近くの店舗を検索し、エキスパートとの面会をご予約ください
 
 

 
スタイルアドバイス
 
お客様ひとりひとりに合わせたアドバイスについては、スタイリストにお問い合わせください
 
 

 
カスタマーケア
 
ご質問・ご要望がありましたら、カスタマーケアチームまでお気軽にお問い合わせください