Trofeoウール デニムコレクション | Zegna

TROFEOウールデニム
「それは不可能だ」と皆が口々に言いました

デニムそのものの外見。すべてにウールを使用。
十年にもわたり、Ermenegildo Zegnaは素材革新を掲げて研究・開発を牽引してきました。この仕事は100年以上もの間、素材の開発と制作に携わってきた毛織り工場および研究・開発部門本部のLanificio Zegnaにて実現されました。

 

私たちの研究の一部は、ウールを使用して特別な素材を生み出す可能性を探ることに当てられました。そう、デニムのように。これまで、ウールでデニムを作ることは不可能な作業と考えられてきました。

デニムそのものの外見。すべてにウールを使用。Lanificio Zegnaのウールデニム。
ウールでデニムを作りました

従来、デニムは未加工のコットンを紡いで糸を作り、インディゴでこの綿糸を染色して作成されます。染色された糸と染色していない糸を合わせて綾織りにし、布の面面に色のついた糸が、裏面に未染色の糸が多く出るのが特徴です。デニムの美しい色調は、こうした織りの技法によって生まれます。時の経過、摩擦、退色によって色調に独特の風合いが増していきます。デニムは生きた素材です。

デニムそのものの外見。すべてにウールを使用。Lanificio Zegnaのウールデニム。
何十年ものあいだ、ウールでデニムを作ることは不可能と考えられてきました。しかし、それは過去のこと。 ... さらに読む
image/svg+xml

このデニムの品質に秘められた魅力が、イタリア北部トリヴェーロの本社を拠点とする研究チームを、ウールでデニムの品質を創り出す方法を模索する数年にわたる道のりに駆り立てたのでした。

 

Lanificio Zegnaは、天然インディゴの染料をウールの繊維に定着させる技法を生み出しました。その結果、ニューコレクションはデニムそのものの外観ですが、すべてにウールが使用されています。軽く、自然に呼吸し、極めて柔らか。これは今を生きる男性のために作られた、デニムの新しい着こなし方。

デニムの新しい着こなし方 | Zegna

検索

検索結果なし
他のキーワードを使って再度お試しくさい。
{% if visitorId == 'anonymous' %} {% endif %} {% if visitorId != 'anonymous' %}

マイアカウント

{% endif %}

Zegnaのサービス

 
 
 

カスタマーサービス
 
ご質問・ご要望がありましたら、カスタマーケアチームまでお気軽にお問い合わせください。
 

エキスパートと話す

 
面会を予約する
 
お近くの店舗を検索し、エキスパートとの面会をご予約ください
 
 

 
スタイルアドバイス
 
お客様ひとりひとりに合わせたアドバイスについては、スタイリストにお問い合わせください
 
 

 
カスタマーケア
 
ご質問・ご要望がありましたら、カスタマーケアチームまでお気軽にお問い合わせください